無駄なコストを省いた価格

コストを削減できる仕組み

クオリティはそのままに、工夫あってコスト削減

R+houseは「新しい時代のオーダーメイドハウス」。
一流の建築家が設計する住宅でありながら、仕入れ・時間・手間などを省く合理的な工夫を随所に取り入れ経済コストも同時に追求した注文住宅です。

●ムダづかいをなくすための「ルール」を設定 オートクチュールの”もったいない”をなくすとどうなる?

一般的なフルオーダーの注文住宅では、必要な建材が多様になることが多く、寸法も様々で、目に見えないところでコストがかかってきます。

実は注文住宅のコストをあげているのは材料のムダづかいや購入の手間、職人さんの手間賃、長引く工期などです。
でも初めて家を建てる人に、コストのかかるところ・かからないところを判断するのは難しいことです。
そこで、R+house[アール・プラス・ハウス]はこの目に見えないコストを極力少なくするための「ルール」を作ることで、クオリティは高いままコストを抑えた注文住宅づくりを可能にしました。

ムダづかいをなくすためのルールを設定


単に、質を落として安くした住宅なら世間にあふれています。でも、それでは意味がないのです。注文住宅というからには、100人100様の個性も必要ですし、クオリティの良さは大変重要です。
完全にゼロから自由に作る「オートクチュール」ではなく、自由にできる”幅”を大きく残しながら”もったいない”をなくすルールの中でつくる「セミオーダー」。それがR+house[アール・プラス・ハウス]のコンセプトなのです。