快適さを求めた設計

全国から選りすぐりの建築家を使う理由

マイスターズクラブ(建築家ネットワーク)

R+houseでは全国から選りすぐりの30名の建築家と10名のインテリアコーディネーターの中から、あなたに合った最適な建築家がプランをご提案することが出来ます。



自分の理想のデザイン。
快適に過ごす為、性能を生かす為に「温熱環境」までデザイン。
土地を最大限に生かしたプラン。
自分だけのライフスタイルに合った世界に一つだけの家。
そして家族と共に成長していき、可変できる間取り。
暖かく包み込んでくれる。家族みんなが一番幸せになれる場所。
それら全てを叶えてくれるのが一流の建築家です。

土地を最大限に生かした設計

実際に土地を見に行き、その土地の特性や周辺環境を理解した上でどんな形・立地の土地でも、理想に最も近い形で提案してくれます。その為、整形地や南道路など値段の高い土地に拘る必要はありません。

温熱環境のデザインとは?

土地や地域の特性等を理解した上で、一年を通して快適に過ごせる様、夏の風通しや冬の陽だまりなどを考える事はもちろんの事、健康の事までも考え、家全体の温度が一定に保てるようにデザインする事です。

設計士と建築家の違い

日本の資格では「設計士」と「建築家」を明確に区分されているわけではありませんが、私達は下記のような認識を持っています。

「設計士」とは、基本的に会社に雇われていて、お客様の要望より会社の建てやすい方に誘導する傾向があります。
また、お客様とは直接会わずに現地も見に行かず、間取りや広さを営業マンから聞き土地にはめ込む作業のみする事があります。

「LDKは何帖欲しいですか?」
「何部屋必要ですか?」 など

その為、最終的には予算をオーバーしてしまい、削らなければならない部分が出てきてしまったり、実際に住んでみたら使いづらかったなどがあります。


「建築家」とは、独立している事は大前提で住まう人の「生活パターン」や「趣味・理想の暮らし方」などを直接会ってヒアリングし、ご家族の性格なども考慮した上でそのご家族だけに合った住宅計画を形にしていきます。

「朝起きたら、まず何しますか?」
「帰ってきたら、どこに一番いる事が多いですか?」
「子供の教育とかはどう考えていますか?」
「片付けは?趣味は?休日は何したい?」 など

その理想を予算内で無駄のない空間プロデュースをして提案できるのが建築家です。

でも、「設計事務所」に直接に頼むと費用が「高い」というイメージもありますよね?
実際に、お願いした場合、設計料の相場は、【請負金額の10%~20%】です。
請負金額2000万円の場合、設計料は【200万円~400万円】になります。

「建築家にお願いしたいけど、設計料が高い・・・。」

そのコストの問題を解消し、「マイスターズクラブ」との連携の元、一流の建築家を低コストで使うことを可能にしたのがR+houseです。