モデルハウス建設工事

  • 【足場解体】
    外壁工事が終わると、建物まわりにあった足場を解体していきます。
    残すは内装工事と外構工事。外構工事が進んでくると、また見え方が変化するので楽しみです!

  • 【床工事】

    無垢フローリングを構造床の上に貼っていきます。

    木の節目や色味などを見て綺麗に貼っていくのが大工さんの腕の見せ所です!

    今回は「ヴィヴィッドオーク」という、オークの無垢材にオスモ塗装を施したフローリングを使用しています。

  • 【外壁工事】

    防水シート・通気胴縁の上に外壁材の「ガルバリウム鋼板」を貼っていきます。
    フッ素コートでキズ・汚れに強くメンテナンスもほとんどいらない外壁材です!

  • 【気密検査】

    家の中にどれだけの隙間があるのかを検査します。数値(C値)が0に近いほど隙間がなく気密性の高い家という事になります。弊社では全棟必ず検査を行い、高気密・高断熱の家づくりをしています。

     

  • 【屋根断熱工事】

    「吹付発泡ウレタン」を吹き付けて屋根に断熱を施します。

    この断熱材が屋根面からの熱をシャットアウトし、屋根裏の温度を上がるのを防ぎます。

  • 【R+パネル貼り】

    建て方も無事に終わり、【R+パネル工事】になりました。
    構造用合板と硬質発泡ウレタンが一体型のR+houseオリジナル断熱パネル(R+パネル)を柱と柱の間に施工していきます。
    工場で柱の間の寸法に合わせてカットされて来るので、決まった規格の断熱材を現場でお家に合わせて施工する方法と比べて性能のムラが出ません。

  • 【建方工事】
    S様邸の建方工事がいよいよ始まりました!!
    建方はお家の骨組みみたいなもので、とても重要な工事です。
    建方が終わると、だんだんお家らしくなってきます♪

  • 【土台工事】

    基礎工事が完了しますと、次の工程は土台敷きです。土台敷きとは、基礎コンクリートの上に土台や大引を設置していく作業です。基礎も大事な工程ですが、この土台敷きやこのあとの構造部分は住宅の骨組みとなる大変大事な工程です。

  • 【基礎工事】

    防湿フィルムで湿気を遮断し、強度の高い鉄筋コンクリートで床面全体を覆います。強度をつける為ワイヤーを格子に敷いてコンクリートを流し込みます。

  • 【根伐り】

    基礎を施工するために、お家の形に合わせて土を掘って整えます。
    だんだん基礎の形が分かって来ました。

    次の工程では基礎に合わせて配筋を組んでいきます。

  • 【請負契約】
    プランも仕様も全てまとまり、無事に請負契約の運びとなりました。
    迷う物も多く、契約まで何度も打ち合わせさせていただきました。
    S様本当にありがとうございました。
    いよいよ、着工となりますので、ここからは無事に完成するまで、気を引き締めなおして頑張ります。

  • 【住宅設備打ち合わせ】

    お家の形が決まったら次は中の設備の仕様決めです。

    お施主様には弊社の営業スタッフと一緒に各メーカーのショールームを何日間か掛けて回っていただきます。使いやすさやデザインなどからご自分達にピッタリな住宅設備を選んでいただきます。

  • 【建築家との最終打合わせ】外壁や床などの素材や色など、先生がイメージしているものを参考に決めていきます!建築家との打合わせは3回なので、今日が最後☆最後にS様ご家族と建築家とで記念写真。

  • 【初回プラン提示】

    前回、ヒアリングしたお施主様のライフプランと理想の暮らしを
    元に建築家の先生が設計してきたものをお施主様に図面と模型を使ってプレゼンします。
    風の流れや光の入り方、家全体の温熱環境まで考えています。

    初回なので100%までとはいきませんが、
    この段階でもかなりお客様の理想に近い状態です。
    これをこれから少しずつ修正して、よりお客様の理想に近づけていきます。

  • 【建築家土地下見・初回ヒアリング】

    S様との初回ヒアリングの前に、新潟からお越し頂いた髙井先生に土地を下見してもらいます。

    土地の特性や方角、周辺環境や風向き等と細かいところまでを調査します。土地を最大限活かすために、どのようなお家にするのが良いのかをイメージします。

    土地を下見した後に建築家の先生とお施主様との初回ヒアリングをお施主様邸で約2時間ほどさせていただきました。

    S様ご夫婦のご要望をしっかりとヒアリングされておりました。