モデルハウス建設工事

  • 【wifiな家】が完成しました!
    【担当より】
    最初にお会いしてから、早いものでもう10ヶ月以上経ちますね。その時はまだ下のお子様もお腹の中にいて、上のお子様もやんちゃboyでしたが、今や立派なお兄さん!
    家づくりだけでなく、ご出産も重なり大変だったかと思います。ご苦労様でした!
    ご主人も奥様の実家と打合せを毎週交互に行われていて、とてもしんどかったと思います。本当にご苦労様でした!
    これからは新しいお家でご家族の思い出を沢山作っていって下さい^^

  • 【寝室】

    寝室は6帖+収納2帖。

    収納は中段をつける事で布団なども収納できるようになっています。

  • 【ファミリークローゼット】

    ファミリークローゼットは廊下と兼用する事でムダを省きました。

    2階は階段を中心に回遊できるよう設計されている為、どの部屋からもクローゼットに行く事ができます。

     

  • 【子供部屋】

    子供部屋は9.5帖。

    お子様が小さいうちは1部屋で将来的に分割できるように設計されています。

  • 【キッチン】

    キッチンはPanasonic ラクシーナ。トリプルワイドIHでお料理のしやすさバツグンです。

    レンジフードも10年ホットクリーンで10年間お掃除いらずといたれりつくせりです。

    カップボードも収納力バツグン!奥様が大喜びのキッチンに仕上がりました。

     

  • 【ウッドデッキ】

    リビング、和室、シアタールームまで回遊できてしまう大きなウッドデッキ。

    これだけ広いとお子さんが楽しく走り回れますね。

    和室の前の部分は4.5畳分はインナーウッドデッキになっている為、色々な使い方ができるウッドデッキです。

  • 【トイレ】

    トイレはTOTOのネオレスト。

    木目調のアクセントクロスで落ち着いた雰囲気にのトイレになりました。

     

  • 【階段吹き抜け】

    吹き抜け階段の壁には、天然木を張らせていただきました。

    黒の鉄骨階段と木の相性がバッチリですごくカッコよく仕上がりました。

  • 【シアタールーム】

    テレビゲームが大好きなご主人念願のシアタールーム。

    造作棚により収納力も兼ね備えた趣味のお部屋です。

  • 【和室】

    和室は4.5帖。

    樹脂性の畳を使用しているので、ダニの発生もほとんどなく水にも強いので、安心してお子様が遊んだり、お昼寝したりできます。

    奥様が洗濯物を畳むのにもとても便利ですね。

     

  • 【LDK】

    キッチンを中心としたLDKは20帖。

    各居室と繋がりがあるLDKは家族が距離をとっていても存在を感じられます。

     

  • 【室内玄関】

    玄関を入ると大容量の玄関収納。3帖の玄関は土間スペースも大きく、ベビーカーなどを入れても充分。

    玄関からはリビング、ウッドデッキ、庭まで視線が抜ける事で、明るく広々とした玄関になっています。

  • 【外玄関】

    外玄関の外壁には天然の木材を張ることで、暖かみと癒しを演出。

    お施主様がお仕事で疲れて帰って来た時も、ほっと一息つけるような玄関になっています。

  • 【完成】

    K様邸の「Wifiな家」が完成しました!

    今回のお家はグレーのガルバリウム合板、白のミナモ、天然木の外壁材と違う素材の外壁材を3種類使用させていただいています。どの部材も特徴的な外壁ですが、喧嘩することなく上手く調和してカッコよく仕上がりました。

    大きな回遊できるウッドデッキを設けた事で、坪数以上に広く感じられる事ができるお家です。

     

  • 【施主検査】

    建物をお引渡しする前の、お施主様による検査です。傷や凹み、剥がれ等がないか細かくチェックして頂きます。

  • 【器具等取り付け】

    内装工事が終わったら最後に造作棚や電気器具などを取り付けていきます。取り付けが終わるといよいよ完成間近ですね!

     

  • 【玄関タイル貼り工事】
    今日は玄関タイルの施工を行っておりました。
    玄関周りは建物の顔に大事な部分です。今回はガルバリウム鋼板の外壁に合わせ落ち着いた色をお施主様がチョイス!

  • 【内装工事2】
    これから打ち合わせで決めた壁紙を貼っていきます。
    調湿性をもったものや投影用のものなど、機能性をもった壁紙をお部屋の用途によって使い分けております。

  • 【足場解体】
    外壁工事が終わると、建物まわりにあった足場を解体していきます。
    残すは内装工事と外構工事。ウッドデッキや植栽などの外構工事が進んでくると、また見え方が変化するので楽しみです!

  • 【外壁工事】

    外壁工事もほぼ終わりに近づき、来週には足場がはずれる予定です。

    R+houseオリジナルのミナモ(ホワイト)と、ガルバリウム鋼板のガルブライト(グレー)と、ウィルウォール(木)を使いました!

    見る角度によって見え方が変化するので、遊び心&オシャレな外観になりました。さすが建築家!

  • 【内装工事】

    いよいよ内装工事が始まりました。今回、階段の吹抜け部分の壁にはアクセントとして木を貼りました!

    鉄骨階段と木の壁の相性がいいですね。まだまだ未完成なので完成したら今以上にカッコイイアクセントになりそうです!

  • 【石膏ボード張り工事】

    R+houseパネル(断熱材)を貼り終えると、次は石膏ボードを貼っていきます。通常の石膏ボードではなく、シックハウス症候群対策用の石膏ボードを貼っていきます。室内等で発生したホルムアルデヒドを吸収分解してくれるので、住まう人の体にも優しい建材です!

     

  • 【気密検査】

    家の中にどれだけの隙間があるのかを検査します。数値(C値)が0に近いほど隙間がなく気密性の高い家という事になります。弊社では全棟必ず検査を行い、高気密・高断熱の家づくりをしています。

     

  • 【R+パネル張り工事】

    建方が終わると、構造用合板と断熱パネルが一体型になっているR+パネルを貼っていきます。

    予め断熱材がついているので、手間が減ってコストダウンになります。

  • 【現場打合せ】

    建方が終わったら、打合せで決めていた電気コンセントやスイッチの配置や高さ・数等を実際の現場にて最終確認をします。

    図面だけの打合せでは気付かない事が色々わかる為、必ず行う大切な打合せです。

  • 【建方工事】

    建方はお家の骨組みみたいなもので、とても重要な工事です。

    建方が終わると、だんだんお家らしくなってきますね。

  • 【基礎工事】

    家を支える大事な基礎工事。流し込んだコンクリートが乾いたら、いよいよ建て方です。

  • 【基礎配筋工事】

    基礎工事は土台と立ち上がりの部分を2回に分けて行い、コンクリートを流し込んだ後に数日置いて固めてから基礎配筋に移ります。

  • 【開発工事】

    今回の土地は開発許可申請が必要なので、建物を建てる前にまず開発に必要な工事をします。敷地内の土が隣地へ侵入するのを防ぐための境界ブロックを積んでいるところです。

  • 【地鎮祭】

    着工前に、その土地に住む神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらう許可を得ることと、
    工事の無事や安全、建物や家の繁栄をお祈りするために、神主さんを呼んで地鎮祭を行います。
    雨がやむか心配でしたが、地鎮祭にあわせるかのように晴れ、無事に地鎮祭をすることができました。
    これでいよいよ着工です。

  • 【仕様決め】

    お家の間取りが確定した後は、内装設備の細かい仕様を決めていきます。Panasonic東京ショールームにて、キッチンやお風呂等、実際に見たり触ったりして新居でのイメージを膨らませていきます!

  • 【建築家プラン提示】

    初回ヒアリングから2週間で建築家の先生がK様ご家族に合った、間取りや生活動線、さらには外観などを考えた図面を提案します。なぜこのようにしたのか。模型と図面を使いながら、お施主様に分かりやすく丁寧に提案をしていきます。

  • 【初回ヒアリング】

    土地を下見した後に建築家の先生とお客様との初回ヒアリング。

    建築家の先生がK様のライフスタイルや生活導線などを丁寧に詳細にヒアリングしていきます。

    開始1時間半ぐらいのときに、先生に質問の進捗状況を伺ったら12分の1というぐらいとても詳細にヒアリングされておりました。

  • 【建築家土地下見】

    K様とのお打合せ前に、東京からお越し頂いた稲沢先生に土地を下見してもらいます。

    周囲の音、気温・風向きなど入念に確認されていました。

    どんなお家ができるかとても楽しみです!