モデルハウス建設工事

  • 【ラウンジピットに集う家】が完成しました!!

    【担当より】

    昨年12月に初めてお会いさせていただいてから約1年、色々な時間を共に過ごさせていただきました。

    途中「本当にこの家を気に入ってもらえるのか」そんな不安も正直ありました。

    お家が完成した後、ご家族皆さんの笑顔を見て心底安心したのを覚えています。

    お引渡しの時にはご主人様から「大切に使わせていただきます。鳥海建工に頼んで良かった。」と言っていただいて本当に嬉しかったです。

    I様お家づくりお疲れ様でした!R+houseのお家でご家族皆様と幸せな時間を育んでいって下さい。

    今後共よろしくお願い致します。

  • 【ウォークインクローゼット】

    5帖のウォークインクローゼットは右側が可動棚、左側にはハンガーパイプと布団棚があり、ご家族全員の荷物を収納できます。

    各居室から行くことができるので、使いやすさもバッグンです!

  • 【寝室】

    寝るだけの部屋で良いと言っていた寝室は落ち着いた雰囲気に。

    大きなバルコニーにはここから行くことが出来ます。

  • 【子供部屋2】

    もうひとつのこども部屋は窓のロールスクリーンを可愛く信号機カラーに。

    こちらの部屋の壁紙も1面だけ旦那様チョイスの壁紙を使っています。

  • 【子供部屋1】

    子供部屋の1面だけ旦那様チョイスの壁紙を貼りました。

    収納も完備しているのでお子様の成長に合わせて収納の中身を変えてお使いいただけます。

  • 【2F洗面】

    2F洗面は深型のボウルに造作カウンターに3面鏡を取り付けて使いやすくお洒落な洗面に仕上がりました。

  • 【1Fトイレ】

    緑の壁紙に1面だけ花柄を入れたトイレ空間。

    派手になるのかと思いきや、かなり良い感じに落ち着いた印象になりました。

  • 【1F洗面】

    LDKを広くしたことで1Fの水廻りはトイレと洗面のみのI様邸。

    その為、1Fの洗面は手洗いをするくらいなのですこしコンパクトな物になっています。

    キッチンとはまた違ったさわやかな色のタイルを使う事で清潔感感が出ています。

  • 【キッチン】

    キッチンはPanasonic×francfrancのコラボキッチン。

    モザイクタイルやシャンデリア風の照明を別に使う事で素敵なキッチンに仕上がりました。

  • 【LDK2】

    念願のラウンジピットには床暖房を採用。

    その先にはリビングとフラットで繋がっているウッドデッキがある為、かなり抜け感があります。

  • 【LDK】

    LDKはキッチン、ダイニングとご夫婦の夢だったラウンジピットで23帖とかなり広い空間になっています。

    床に使っている無垢材はブラウンワトルという無垢材を使っています。かなり個性の出る無垢ですがお部屋の雰囲気と良く合っています。

  • 【玄関】

    玄関を入るとお客様玄関、奥には間仕切りできる家族玄関が広がっています。靴の多いI様でも十分な下駄箱と奥にはお買い物をして帰ってきたらすぐに物がしまえる大きなパントリー、そのままキッチンにいける奥様が楽な動線になっています。

  • 【完成】

    I様邸「ラウンジピットに集う家」が完成しました。

    お施主様のお客様がびっくりするような家が良いという要望を建築家が遊び心と住み心地を両立させて図面を描いたお家がとうとう形になりました!正面のバルコニーの壁に貼ったウィルウォールが大迫力のお家です。

  • 【内装工事】

    クロスの下地パテを塗ってから、ビニールクロスを施工していきます。

    この下地パテを塗ることによって、石膏ボードの月目継ぎ目や、固定しているビスの頭などを平らに均します。

  • 【キッチンタイル工事】

    奥様のキッチンを可愛くしたいというご要望にお応えして「モザイクタイル」を貼らせていただきました。

    かなり細かい作業なので専門業者さんの熟練の腕で綺麗に可愛く仕上げていきます。

  • 【外壁工事2】

    バルコニーに大きな壁が建つ設計になっているので、アクセントとして天然木の「ウィルウォール」というサイディング材にクリア塗装した物を使いました。

    天然木を貼ることでとても特徴的な外観になりました。今回のお家の顔となっています。

     

  • 【外壁工事】

    外壁材は「ガルバリウム合板」を採用しています。汚れにくく、キズにも強い外壁材です。

    メンテナンス面も非常に優秀な外壁材でほとんどお手入れはいりません。

    今回はご夫婦の好きな「モスグリーン」のガルバリウムを使いました。

  • 【床工事】

    無垢フローリングを構造床の上に貼っていきます。

    一枚一枚違う木目の床を疎らな模様にならないように大工さんが丁寧に貼っていきます。

    今回のお家では初めて「ブラウンワトルラスティック」という無垢の床を使っています。

    濃色で個性的な表情の無垢材は、LDKに使う白い壁紙とお互いの持ち味を引き立て合います。

  • 【屋根断熱工事】

    「吹付発泡ウレタン」を吹き付けて屋根に断熱を施します。

    この断熱材が屋根面からの熱をシャットアウトし、屋根裏の温度を上がるのを防ぎます。

  • 【躯体検査】

    R+houseでは建設中に必ず第三者機関による検査を行います。「配筋検査」と「躯体検査」の2回で、建物の構造が正しく施工されているか確認しています。

    もちろん検査結果は合格です!

  • 【屋根工事】

    屋根の野地板に「アスファルトルーフィング」という防水材料を敷きます。この上からガルバリウム鋼板で仕上げていきます。

  • 【建方工事】

    基礎工事も終わり、とうとう建方が始まりました。お家の骨組みが出来ると、一気にお家らしくなってきます。

    建方が始まってから棟上まで、基本的に1日で終わってしまう早さがR+houseの特徴のひとつです。

  • 【地盤改良】

    I様邸には柱状改良という工法で地盤改良をさせていただいています。
    軟弱地盤が2メートル以上8メートル以下の深さの場合に用いられる方法で、土の中にコンクリートの柱を造ってしまう工法です。

    柱状改良は地盤で支えるだけではなく、柱と柱の周囲の土による摩擦力も加わることで建物の荷重を支える構造になっています。
  • 【請負契約】

    プランも仕様も全てまとまり、
    無事に請負契約を結んで頂きました。

    この後、確認申請が降りるまでの間に地鎮祭を行い、待ちにまった着工となります。

    建築中は細心の注意を払いながらお施主様が満面の笑みでお引渡しできるように頑張ります!

  • 【建築家第2回プラン提案】

    図面と模型を持ち帰って頂いて1週間頭の中で住んでいただき、修正したい箇所を赤ペンチェック。

    1週間後に建築家の先生から修正案も踏まえた図面で最終プラン提案となります。

    修正といっても始めにしっかりとしたヒアリングのもと、プラン提案しているので本当に小さな修正ばかりです。

    お施主様に修正して欲しいと言われた部分をそのまま修正するのではなく、使いやすさなどをさらに考えてプラスαの提案をしてくれる建築家の先生の提案にI様も大変感動されていました。

    建築家の先生との打ち合わせも3回目なので今日が最後となります。

    しっかりとお家のイメージなどのお話しをしながらお家の事を決めていきます。

     

     

     

  • 【建築家第1回プラン提案】
    2週間前、建築家の小川先生がI様のご要望をヒアリングし、I様のためにつくった世界にひとつのおうちのご提案です!
    模型や図面を使って分かりやすくコンセプトや使い勝手などをプレゼンされていらっしゃいました。

    I様には一度図面と模型をご自宅に持ち帰って想像の中で《住んで》頂き、「赤ペンチェック」という細かいご要望や変更してほしい点などを図面に書き込んでいただく作業をしていただきます。

  • 【建築家ヒアリング】

    山口県から来て頂いた先生と初回ヒアリング。

    I様の普段の生活や新居での暮らし方など細かく丁寧にヒアリングします。