モデルハウス建設工事

  • O様ご家族の「家族が帰る場所 ゆったりと繋がる家」が完成しました!

    沢山の思いが詰まった、世界に一つだけのMy Home ☆

     

    【担当より】

    沢山のお打ち合わせご苦労様でした。

    お子様もご主人様に似てきて、今後の成長が楽しみですね^^

    出会った当初から、毎回楽しくお打ち合わせをさせて頂き

    本当にありがとうございました☆

     

  • 【小屋裏部屋】

    子供部屋から上がれる小屋裏部屋。

    ここからの眺めは最高で、毎年夏になると花火大会の花火が見えます。

    時には、お子様との遊び空間にも。

    DSC00463

    DSC00528

  • 【2F 書斎】

    8畳の寝室、奥には3畳のWIC。その先にあるのがご主人の籠れる部屋。

    正面にある吹抜けている部分からは、1Fにいる家族の声や気配が

    感じられます。

    籠れるけど、家族が繋がっているようにと建築家の先生からの気遣いが☆

  • 【2F 子供部屋&フリースペース】

    2階へあがると、すぐに12畳のフリースペース。

    将来、家族構成が変わっても可変できるような設計。

    今はお子様が小さいので、すぐに水回りへ行けるのがすごく便利。

  • 【1F 和室】

    お子様とゴロっと横になれるスペース&客間スペース、落ち着いた場所が

    欲しいという要望から、建築家の先生がリビング続きに6畳の和室を提案。

    普段は襖を空けて大空間のリビングに、来客の際は襖を閉めて個室にと

    用途によって使い分けが可能です。

    DSC00506

    DSC00508

  • 【1F リビング】

    13畳のLDと4畳のキッチン。奥には2畳のパントリー。

    無垢の床材はオーク、インパクトのある照明で落ち着いた空間に。

    カーテンや家具等は、コーディネーターの藤原が施主様の要望を

    ヒアリングした上でご提案。

    DSC00487

    DSC00489

  • 【玄関】

    お家に上がる前に手を洗えるよう、洗面台を玄関の一部に設置しました。

    桜色の洗面ボウルとガラスのペンダントライトからの光のコントラストが

    お客様をお出迎え致します。

    両サイドには収納棚があるので、収納力も確保。

  • 【完成】

    O様邸の「家族が帰る場所 ゆったり繋がる家」が完成しました!

    今回使用した外壁材は、1階部分にR+house オリジナルの「ミナモ」。

    2階部分にはアイジー工業さんの「ガルスパン NEO-Jフッ素」。

    後々のメンテナンスの事もちゃんと考えております!!

  • 【施主様検査】

    工事がおわり、引渡しの前にはお施主様との建物検査です。

    施主様検査では、窓や建具、住宅設備などが問題なく動作するか?

    壁や床に傷がついていないか?

    などをチェックし、満足のいく状態でお引渡しするための重要な検査です。

    画像は、ご夫婦で小屋裏部屋のハシゴを下ろしているところです!

    O様ご夫婦も完成したお住まいにご満足のご様子。

    お引渡しまでに、細かい手直しなどを完了させるのが工事のお仕事です。

  • 【外構工事】

    駐車場は、予算との兼ね合いを見つつ、土間コンと砂利を交互に配置したオープンなスタイル。

    玄関前には、家庭菜園のできる畑もつくりました。

    おうちの正面には、メンテナンスフリーの合成樹脂のウッドデッキもついて、リビングからそのままくつろげます。

  • 【左官工事】

    今回、和モダンテイストの雰囲気に合わせて玄関の床はモルタル仕上げ!

    左官工の職人さんがモルタルを平らに均したあと、ひとつずつ石を埋めていきます。

  • 【クロス工事】

    下地を塗った後は、仕上げのクロスを貼っていきます!

    クロスを貼る前と貼ったあとでは、部屋の雰囲気も大違い。

    ボードの状態で「狭いかな・・・?」というような部屋も、白いクロスを貼ると一気に広く感じるんですよ(*^_^*)

  • 【クロス工事】

    クロスは、O様からの「自然素材がいい!」という強いご希望でエッグウォールを使用。

    卵の殻をつかった壁紙なので、調湿効果もありますし自然や人体にも優しい素材です♪

    まずは下地パテを塗って、壁紙の下地のプラスターボードのスキマやビスの跡を均します。

  • 【内部塗装工事】

    内部の柱や造作は、汚れや傷がつかないよう塗装して仕上げます。

    キッチンなどの水回りなどは、ウレタン塗装しないと水のしみが残ったり、木自体が腐ってしまうので、しっかりとムラのないよう仕上げるのもプロの技です!

  • 【内部木工事】

    和室の入口は、欄間をつけて空間をゆるりと仕切ります。

    欄間の下には、O様邸のためにご用意したオリジナルの襖が設置される予定です!

    襖の施工は最後の最後なので、どんな出来上がりになるかはこの時点ではまだ分かりません。

  • 【内部木工事】

    床が終わると、今度は内部の造作棚などの制作です!

    現場にて、お客様との綿密な寸法決めをし、その通りに大工さんがつくってくれます。

    今回は、対面式のキッチンにカウンターがつくプラン。今回は1000と少し高めにして、散らかりがちなシンクの手元が隠れるようになっています。

  • 【床工事】

    R+houseでは無垢のフローリングを標準仕様としています。

    無垢のフローリングは、一本一本大工さんが釘を使って固定していくんですよ!

    水分量によって縮んだり、ふくらんだりする無垢フローリングを、適度な感覚をあけて貼っていくのは、まさに職人技。

    今回はViVidオーク・ViVidメープルの2種類を使用し、部屋ごとで雰囲気を変えています♪

    ViVidシリーズは、無垢材の質感をそのままに、手入れのいらない「UVウレタン加工」を採用しているので、手間のかかるワックスがけやオイルの塗り替えなどが苦手な方におススメです。

  • 【屋根工事】

    屋根は、ネイビーの外壁で家が暗くなりすぎないよう、明るい印象のメタリックシルバーです。

    今回は勾配が2.5寸あるため、雪止め金具を設置しています。

     

  • 【外壁工事】

    外壁は、1階部分がR+houseオリジナルのサイディング「ミナモ」

    2階部分がIG工業の「ガルスパンNEOーJフッ素」のレイクブルーメタリック!

    屋根は標準仕様のガルバリウム鋼板なので軽く、耐震性能もバッチリ3を確保しています。

    外壁の下には「通気胴縁」という特殊な形をした木製の桟があり、この胴縁が外壁と内部の間に空気を通すことによって、躯体が腐ることを防ぎます。

  • 【木工事】

    O様のおうちは切妻・寄棟を混ぜた日本家屋風のスタイル。

    2階の天井上と棟の間を利用した小屋裏部屋には収納兼隠れ家になるような空間できる予定です!

     

  • 【建方工事】

    建方がおわりました!今回は寄棟屋根で軒が出ているため、他のおうちとは少しちがった雰囲気。

    骨組みの時点ですでに印象が違う感じがしますね。

     

     

  • 【基礎配筋検査】
    重要な部分なので、第三者機関による検査もきちんと行います。
    配筋の太さや、配筋の間隔などを厳しくチェックしている様子です。
    検査で問題がなければ、基礎コンクリートを流して基礎が完成です!

  • 【基礎配筋工事】
    お家の土台となる基礎工事が始まりました。
    まずは基礎配筋!!完成後には見えなくなってしまう重要な部分。

  • 【地盤改良工事】

    敷地内に重機を搬入し地盤改良工事のスタートです。

    O様邸も柱状改良工法で行います。

    地盤の固い支持層までセメントミルクを注入しその上に基礎を作ります。

     

  • 【地鎮祭】

    天候にも恵まれ桜満開の日に土地の氏神様に

    工事中の安全をお祈りするために地鎮祭を行います。

    これでいよいよO様邸も着工です。