事例集

画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像

CASE #023


【~視界が広がる抜け感のある家~】

小高い丘の上にひときわ目立つ黒いガルバリウム鋼板のお家。K様ご夫婦念願のお家を建築家「齊藤真二」先生がプロならではの目線から設計して下さいました。
天井高2400mmでは少し窮屈に感じてしまうというご夫婦の感想から、視線がなるべく壁にぶつからないように抜け感を出す事によって、開放感を出しました。キッチンからリビング、ダイニングパントリーまでどこにいても見渡せるような設計は家族がどこにいても顔を合わせて会話を楽しむ事ができます。
ご夫婦で共働きということもあり家事動線もなるべく短くまとめてあげることによって家事ラクなお家にも仕上がっています。
屋根付きの玄関ポーチ。様々なシーンで使える中庭もK様邸の特徴です。木の軒天もスタイリッシュな外見にアクセントを加えてくれています。

お客様が大人数で来られても十分な玄関と奥には家族が増えても十分な大き目のSC。お客様が来客された時にコートなどを掛けられるハンガーパイプのスペースなど収納も充実しています。 外から帰って来たときにすぐに手洗いができるように、玄関を上がるとすぐに造作洗面があります。 「視界がある抜け感のある家」というタイトル通り、お家の中はどこにいても開放感を感じられる設計になっており、小高い丘の上に建築させていただいたこのお家は、2階でも3階にいるような景色も楽しんでいただけるお家になっています。

お客様の声
返済計画から土地探し、家の構造や照明、壁紙など家づくりについて何も分かってない私達からの無理な注文も多かったと思います。
そんな注文にも1つ1つご対応頂けたからこそ、「住みたい家」にする事ができたと思っています。本当にありがとうございました。